白髪染め

失敗しない白髪染め選び!

 

当サイトでは、キレイに安全に染められる白髪染めだけを徹底比較しておすすめの商品を紹介しています。

 

白髪染め選びは安全手軽さコストを比較することはもちろん
頭皮のタイプ髪質によっても仕上がりに影響します。

 

目的別にも一目でわかるように比較していますので、ご自身に一番あった白髪染めを見つけてください。


【目的別ランキング】あなたに一番あった白髪染めを見つかる!

コストで選ぶ白髪染めNo1

レフィーネヘッドスパ商品画像

白髪染めは継続が必要なので月にかかるコストを出来る限り抑えたいもの。
商品代や容量だけでなく、一回の使用でどのくらい必要か?どれくらい色持ちするか?などコストパフォーマンスで比較することが重要。
『レフィーネヘッドスパ』は一ヵ月あたりのコストが825円(※1)で継続的にヘアカラーが可能。セット購入でさらに安くなります。
育毛効果も期待できる、今人気の白髪染めです。
(※1:セミロングの場合で当サイト独自の計算)

 

 レフィーネヘッドスパの詳細をみる

 

1位 一月コスト 1位

 レフィーネヘッドスパ トリートメントカラー  …825円/1ヵ月

2位 一月コスト 2位

 くろめヘアカラートリートメント  …920円/1ヵ月

3位 一月コスト 3位

 レフィーネ  …943円/1ヵ月

4位以降(比較詳細)

 コストの比較ランキング(計算式)詳細を見る

安全性で選ぶ白髪染めNo1

くろめヘアカラートリートメント商品画像

安全性で選ぶなら、サラヴィオ化粧品の『くろめヘアカラートリートメント』
世界最大級の頭皮に関する研究所をもっているサラヴィオ化粧品がどこよりも地肌と髪にやさしいヘアカラートリートメントを目指して開発された白髪染め
美髪成分がたっぷり含まれた希少な昆布【くろめ】を主原料として、無添加・天然成分にこだわって作られています。
素手で触ることもでき、かぶれやアレルギーの症状の心配もありません。

 

 くろめヘアカラートリートメント詳細をみる

 

1位 安全性 1位

 くろめヘアカラートリートメント  …無添加・くろめ昆布が原料

2位 安全性 2位

 利尻ヘアカラートリートメント  …無添加・利尻昆布が原料

3位 安全性 3位

 ルプルプ(LPLP)  …無添加・カゴメ昆布が原料

4位以降(比較詳細)

 安全性の比較ランキング詳細を見る

染め上がりで選ぶ白髪染めNo1

くろめヘアカラートリートメント商品画像

仕上がりで大事なのは、しっかり染まる事色持ちがいい事
そしてサラサラさわり心地がいい事

『くろめヘアカラートリートメント』はシリコンフリーなので、色がとてもきれいに入ります。また、マカダミアナッツオイルを使用し、さわり心地もサラサラに仕上がります。
色持ちは約7日間。1週間に一度の使用で美しく染める事が可能です。
少ない回数、量でしっかり染め上げたいという方に人気の商品です。

 くろめヘアカラートリートメント詳細をみる

 

1位 染め上がり 1位

 くろめヘアカラートリートメント  …シリコンフリーなのでしっかり色が入る

2位 染め上がり 2位

 利尻ヘアカラートリートメント  …塗布後、約5分でキレイに染まる

3位 染め上がり 3位

 ルプルプ(LPLP)  …Wフコイダンで保湿しながら染める

4位以降(比較詳細)

 染め上がり比較ランキング詳細を見る

男性に人気の白髪染めNo1

サンカラーマックス商品画像

男性も白髪が目立つだけで、とても老けてみられたり、疲れてみえます。仕事上でもバリバリ働くイメージを持ってもらうためにしっかり見た目もこだわりたいところ。
男性には自然なブラックが人気ですが、一気に染めてしまうと不自然になってしまいます。
サンカラーマックスは朝塗って、昼間の光で自然と染まっていく新発想のヘアマニキュア。一度で20日以上持つので手間もかかりません。

 

 サンカラーマックス詳細をみる

 

1位 男性人気 1位

 サンカラーマックス  …朝、出社前に塗るだけ簡単♪

2位 男性人気 2位

 利尻ヘアカラートリートメント  …不自然な黒にならず自然に染まる

3位 男性人気 3位

 くろめヘアカラートリートメント  …不自然な黒にならず自然に染まる

4位以降(比較詳細)

 男性におすすめランキング詳細を見る

サイト管理人、一押しの白髪染め

今一押しの白髪染め商品はサラヴィオ化粧品の「くろめヘアカラートリートメント」です。
希少な昆布『くろめ』の天然成分を厳選配合した、
地肌や髪に優しく仕上がりに自信のある完全無添加の白髪染めです。

 

『業界初の、染めながら頭皮をいたわる艶染め効果。』

 

一般的に白髪染めは仕上がり後の手触りをよくするため、シリコンを配合します。しかし、そのシリコンのせいで染まりにくくなります。
くろめヘアカラートリートメントは肌触りを業界初のマカデミアナッツオイルで仕上げる事でシリコンを使用せずに、肌さわり良く、より色が浸透する技術を発明
さらにナッツオイルには頭皮を修復する効果もあります!

 

また、独自の調合で指や爪、浴槽等が染まる事もない!トリートメント感覚で染まる!

 

染めながら髪の毛を補修(1分補修)、カンタン、長く染まる、購入しやすい価格帯
というトータルでみてもとてもおすすめの白髪染めです。


 

白髪染めの選び方

一口に白髪染めと言っても、その種類は多岐にわたり、その数だけ特長も様々です。
一番あったものを見つけてください。

1.髪質によって選ぶ

人間の髪質は、太くて硬い髪と細くて柔らかい髪に大別されます。
前者の太くて硬い髪は、白髪が染まりにくく、逆に細くて柔らかい髪の場合は、白髪を染めやすい性質なのが一般的です。
そこで、白髪染めの選択の際、特に注意すべき点は色ということになります。

髪質が細くて柔らかい方

白髪が染まりやすいため、ご自身が希望する色を選択するだけで構いません。染色のための待ち時間が長い場合は明るくなりすぎたりといった事もあるので説明書を十分お読みになって染めてください。

髪質が太い方

髪の毛が太いほど、色が入りにくく染まりにくい特徴があります。希望する色よりも1トーンほど明るい色を選択するとよいでしょう。

2.頭皮タイプで選ぶ

人間の皮膚には普通肌や敏感肌という区分がありますが、頭皮も肌の一部であることから、それぞれ異なる頭皮のタイプがあるといえます。
白髪染めは、一種の薬液のため、肌が敏感な人や、アレルギーなどのトラブルを抱えた人の場合は、白髪染めの種類によっては頭皮に炎症などのトラブルが起こる可能性があります
そのため、肌が弱い人の場合は、選ぶ白髪染めの成分表示などに注意し、もし刺激の強い成分が含まれている場合には、その商品は避けたほうがよいでしょう。
最近では、アルコールなどのように刺激性のある成分は使用せずに、天然成分だけを採用した白髪染めも展開されています。
肌の弱い人の場合は、このような肌に優しい種類を選択し、もちろん普通肌の人にもオススメです。
以上が白髪染め選びの基本ですが、ここからさらに選択肢は枝分かれしていきます。

3.使いやすさ

この使いやすさ、という点は体質や成分ではなく、個人の使い勝手によるところが大きいので、
実際に使ってみることが重要です。
まず、白髪染めという商品は、髪に直接塗って使うものですが、その作業を行う過程に差があります。

 

薬剤ひとつとっても、そのまま塗って使える種類と、1剤と2剤を使う前に混合して使う、という種類が必要なものに分けられます。
髪の毛に塗る方法についても、薬剤をボトルからダイレクトに髪に塗るもの、ブラシに一度とってから塗るもの、手袋が必要なもの、素手でそのまま塗れるものなど非常に多くの方法があります。

4.安全性で選ぶ

白髪染めの液剤でアレルギー反応を起こしてしまうという事もあります。市販のものは裏面の注意書きをみるとパッチテストを促しています。アレルギーテスト実施していたり、刺激性の薬剤を使っていないなど、安全性で商品を選ぶのも重要なポイントです。

>>安全性で白髪染めを選ぶならコチラ

今月の白髪染め特集!!

市販、通販、ヘアサロンの白髪染め比較

 

実際に白髪染めを考えたときに、
・通販で売っている商品が口コミの通り効果が高いのか?
・市販で売られている価格の安い商品でも十分なのか?
・キレイに染めるためには少しお金を出して美容室に通うべきなのか?

 

金額、手間、髪の痛み具合、仕上がり、アレルギーなどの安全性などの面を徹底比較しました。
また、サイト管理者の総合的にみての感想も正直に書いています。
これから白髪染めの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

目的別に選ぶ比較ランキング

安全性で比較バナー

頭皮・肌が弱い。出産してアレルギー症状がでるように・・・そんな私でも安心して染められるのは?

コストで比較バナー

継続的に使うものだから、できればコストはあまりかけたくない。コストパフォーマンスが高いものは?

仕上りで比較バナー

仕上がり、効果重視!自宅で美容室みたいにキレイに染めるヘアマニキュアは?

男向け白髪染め比較バナー

男も身だしなみは大事!5歳若返る!男性に人気の白髪染めはどれ?